So-net無料ブログ作成

ウーバー (Uber) を使いこなす!スリランカでもこんなに使える。 [旅行]

昨今のシェアリングエコノミーの代表格ともいわれる
ウーバー (Uber) とエアビーアンドビー (AirBnB)。
 
欧米中心のトレンドかと誤解されがちですが、
東南アジア・南アジアでもしっかりと機能します。
 
そしてここコロンボでも例外ではありません! 
 
 
 
 
スリランカの交通

スリランカの公共交通といえば何といってもトゥクトゥク (TukTuk)。
(三輪車なのでスリーウィーラーとも呼ばれる)が代表格。
 
DSC02271.JPG 
 
トゥクトゥクを見ないで道路を歩くことは不可能というぐらいに
街中にあふれかえっています。
 

料金もリーゾナブル。
初乗り0.9kmまで50ルピー(約37円)で、
その後は100メートルごとに4ルピー(約3円)ずつ加算されていきます。
 
(運営会社によって料金設定が異なり、
 通常4ルピーから6ルピー/100mの設定です。) 
 
 
コロンボ市内で利用すると多くの場合は2~3kmなので、
94ルピーから134ルピー(約70円~100円)程度の料金になります。

 
 
トゥクトゥクの問題点
 
こんなに安くて便利なトゥクトゥクですが、実は困ったことがあります。

料金メーターを装備しない昔ながらの車両もかなりの台数が走っていて、
そういう車両では交渉で料金が決定する。
 
さもなければドライバーの言い値になります。
 
相場を知っていれば交渉できますが、
観光客はぼったくりドライバーの標的になりがち。
 
もとが安いだけに4~5倍の料金を吹っ掛けられて、
首をひねりつつも払ってしまうのです。
 
 
またドライバーが釣りがないと主張する場合も多く、
たとえば110ルピーの表示で150ルピーを支払うと、
ドライバーはニヤリと笑って「ノーチェンジ(釣りはない)」
 
「ほんとかよ?!」 と疑いたくなります。

もちろんきっちり釣りを返してくれる善良ドライバーも存在します。

 

ウーバーを使ってみた!

本題のウーバー (Uber)を使ってみました。

スマホにウーバーアプリを入れて、名前やクレジットカード情報を登録。
SMSによる機器認証を経て使用開始となります。

アプリを開くと自分が現在いる場所の地図が表示されます。
 
Screenshot_2016-04-20-10-44-42.png

そのまま画面をタップして車を呼びたい場所を指定。
 
簡単です。

引き続き目的地の情報を入力するのですが、
なぜか目的地は地図による指定ができません。
 
ストリート名と番地を入力します。
 
もしくはホテルや空港であればその名前を直接入力することも可能です。
入力文字から候補がいくつか出てくるので間違いが防げます。

 

車を待つ間も地図上で現在位置と到着までの時間が表示されるので安心。
 
ただし表示される時間の倍ぐらいはかかるのが実情です。

 
到着したらドライバーが電話で知らせてくれますが、
アプリ上でドライバーに電話なりSMSを送ることが可能なので、
あらかじめ「〇〇カフェの入り口あたり」とSMSを送っておくとスムーズ。
 
uber_driver.png 

アプリに該当する車のナンバーが表示されているのでその車を探して、
見つけて乗り込みます。

いちおう乗車後に行き先を聞かれますが、
アプリに既に入力しているので、
それが正しければ細かい行き先を説明する必要はありません。
言葉の問題がある場合はこれも便利な点です。

 

安全性は?

もともとウーバーは自家用車をシェアするというコンセプトですが、
実際にはこれを本業にしている人がほとんどで、
通常のタクシーに乗っているのと変わりません。

ウーバーのシステム上に
ドライバーの個人情報も利用者の個人情報も登録されているので
犯罪防止につながります。
 
システムにはドライバーの評価機能もあるので
配車されたドライバーの評価があまりに低いようなら
キャンセルすることも可能。
 
(今のところそういう経験はありませんが。) 
 
uber_rating.png
 
ちなみにドライバー側には客の評価機能があるので
乗車拒否されないようにお気をつけて~ 
 
 

料金は?

スリランカでは、料金体系でuberXとuberGOが選べますが、
uberXだとトヨタプリウスが多く、
uberGOだとインド製のタタやスズキアルトが来ることが多いようです。
 
 
uberXは、
利用あたりの固定チャージ 100ルピー
100mあたり 5ルピー
1分当たり 2ルピー
の距離・時間併用料金となります。
 

一方のuberGOは、
利用あたりの固定チャージ 50ルピー
100mあたり 3ルピー
1分当たり 2ルピー
の同じく距離・時間併用料金となります。

 

仮に2km利用すると、
混雑具合で時間料金が変わるもののおおむね以下の料金になります。

ウーバー (uberX): 202ルピー
ウーバー (uberGO):  112ルピー
トゥクトゥク:  94~116ルピー(料金設定による)

なんと意外にもuberGO料金はトゥクトゥク料金とほぼ同じ。
 

トゥクトゥクは
初乗りの50ルピーに0.9キロメートル分が含まれるので
近距離だと安いのですが、
それ以降は100メートルあたり4~6ルピーが加算されていくために、
長距離になればなるほど
100メートルあたり3ルピーのuberGOの方が安いのです。
 

 

ウーバーの最大の利点とは

利便性的にも料金的にもお得感のあるウーバーですが、
私が感じる最大の利点は別にあります。

それはその決済方法なのです。

ウーバーにクレジットカード情報を登録しているので、
目的地に到着した際に料金を尋ねることも支払いすることもありません。
 
「サンキュー!」と言って降りてしまえばいいのです。
 
 
小銭がないと心配することもなければ、
チップをいくら払おうかと迷うこともない。
 

完全明朗会計です。
 
領収書は登録したアドレスにメールで送られてきます。
 
 
稀にドライバーが道を間違って通常よりも高い料金が
請求されることがあります。
 
その際も走行軌跡が領収書に地図で記載されているので、
ウーバー本部にメールでクレームすると
気持ちよく対応してもらえます。

 

なるほど、、、
このシステムなら世の中に受け入れられるはずだな、
というのが実感です。

 
バンコクやクアラルンプールなど、どこの都市に行っても
同じアプリで同じように利用できるのもいいですね。 
 
 
 
※この記事で使用している為替レートは2016年4月現在のものです。1ルピー=0.75円
 この記事は別のサイトに寄稿したものを再編集したものです。 


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 2

YAP

こういうシステムは、規制が少ない新興国でこそ広がりやすいかもしれないですね。
ユーザーの評価もあるということで、モンスターな客も減るかもしれず、ドライバー側のメリットもありますね。
by YAP (2016-06-23 08:09) 

Jalana

日本だと二種免許が必要などの規制が多くて広まらないようですね。

by Jalana (2016-06-28 23:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。